はだか麦おやつ認定店

いなや茶屋の外観

農家café いなや茶屋

伊予郡松前町東古泉132
090-1581-7211
定休日 火曜日
営業時間 10:00~18:00

はだか麦のおいしいおやつできました

はだか麦とローズマリーのクッキー

ホロホロとやさしい口当たりと
はだか麦とローズマリーの香りが広がるヘルシークッキーです。

はだか麦とローズマリーのヘルシークッキー

「添加物の少ないおやつをコンセプトに開発しました」とオーナーの早瀬さん。
はだか麦粉100%とローズマリー、オートミール、てんさい糖、豆乳、メイプルシロップ、なたね油など自然素材にこだわったカラダにやさしいおやつです。
はだか麦の独特な香りとローズマリーのハーブの香りが爽やかに口に広がる大人も楽しめるクッキーです。
「小麦の力強さとは違った、はだか麦特有のホロホロとした軽い食感と香りを楽しんでほしい」とオーナーの早瀬さんも納得のおやつです。

いいね!!はだか麦!! はだか麦と麦みそやぎょうせん飴など
松前らしい麦素材をコラボさせたおやつを
提供していきたい。

体にやさしい麦みそや押し麦をパスタソースや自家製パンに使う「いなや茶屋」。「はだか麦と麹だけを使った甘酒が、自然の甘さで美味しくできました。是非、お越しください」と早瀬さん。はだか麦と麦みそ、ぎょうせん飴を使った「フロランタン」や「はだか麦の甘酒クラッカー」など、松前らしさを大切にした新作の「はだか麦のおやつ」も開発中。日替わりでいろいろな「はだか麦おやつ」と出会える楽しみもありそう。

こんなことを工夫しました。

水分が多すぎるとクッキーらしい食感が損なわれ、少なすぎると焼き上がってから、こわれてしまいます。はだか麦特有の軽い食感を最大限にいかす水分量に苦労しました。

いなや茶屋のオーナーオーナー 早瀬 はるなさん
はだか麦おやつを出しているのはこんなお店

ココロもカラダもよろこぶやさしいお料理と
気軽に立ち寄れる温かなおもてなしのカフェ。

自宅の納屋をリノベーションした、温かな落ち着きのある佇まい、店内には薪ストーブも。1日10食限定のランチは、自家栽培と有機農法の地元野菜にこだわり、旬の果物・野菜を使ったスープやジャム、パン、デザートまですべてオーナーの手作り。一軒家にお邪魔したかのような空間で頂く、自然志向、添加物不使用の優しい味は子供や年配の方も安心していただけます。オーナーイチオシは、松前町農家の伝統食「そら豆あんのおはぎ」。1日8個、9月~12月までの季節限定だから心待ちにするファンも多い。出来れば予約を。四季折々の小川の景観と癒しの時間を楽しみたい。

いなや茶屋の外観

窓から見える田園風景はカラダにやさしいお料理を引き立たせる。

空豆おはぎ

2か月乾燥させたそら豆をあんに炊き込み、豆の風味とあっさりさらっとした滋味深い味わいの「そら豆おはぎ」。

パスタランチ

パスタランチ。プチデザート・サラダ・スープと自家製パンがワンプレートに盛り付けられた前菜とパスタ、ドリンクのセット。この日は、麦みそのカレーパスタ。ドリンクは、はだか麦の甘酒。