はだか麦料理認定店

お持ち帰り専門店 松前餃子

お持ち帰り専門店 松前餃子

伊予郡松前町大字筒井876-11
089-909-6920
定休日 月曜日(年末年始を除く)
営業時間 10:00~18:00 (品切れ次第終了)

松前餃子 あっさり野菜味 旨みそ味

プチプチとした食感が楽しい。
はだか麦の栄養を包み込んだ2種類の餃子ができました。

旨みそ味はだか麦のチヂミ&はだか麦のサムジャン

松前餃子は、町特産のはだか麦や野菜をはじめ、原材料は国産にこだわった安心・安全・ヘルシー・美味しいがコンセプト。2種類の味の餃子は、それぞれが個性的。はだか麦のプチプチとした食感と、焼いた時の薄皮のパリパリッとした香ばしさが楽しい逸品です。「あっさり野菜味」は、メインのキャベツとたっぷりの野菜がベースの餡に、和風だしの旨味がギュッと練りこまれ、とってもジューシー。さっぱりとした風味で何個でも食べられると幅広い年齢の方から人気。特に、独自に開発した酢コショーたれとの相性は抜群で、やみつきになる女性も多いとか。「旨みそ味」は、たまねぎがベースの甘みが際立つ餡に、地元のギノー味噌と七味をブレンド。旨辛味のガツンとパンチのきいた餃子に仕上がりました。ビールのおつまみに、ごはんのおかずに、どちらも最高です。 「あっさり野菜味」18個入り540円、40個入り1,080円。「旨みそ味」18個入り600円。(すべて税込)というリーズナブルな価格も嬉しい。

いいね!!はだか麦!!夢は「はだか麦パーク」。
松前町の良さを発信したい。

「合同会社オタータ」とは、「おたたさん」から発想した、松前町を愛する私たちのグループ名です。はだか麦だけでなく、人情や自然や物産など、松前町の良さをもっともっと発信したい。夢は道の駅「はだか麦パーク」を作ること。はだか麦地ビールと松前餃子と松前産珍味でおもてなし―そんな、道の駅を実現したい。夢が広がりますね。

こんなことを工夫しました。

餃子の味のバランスと、餡とはだか麦の割合には、試行錯誤を繰り返しました。旨味、甘味、辛味、たれとの相性、ごはんのおかずとして、アルコールのおつまみとして等々、幅広い年齢の方から支持される餃子の実現に、発案から販売まで1年を費やしました。特に、旨みそ味は、ギノーみそ株式会社の田中正志社長にアドバイスをいただきました。試食会を何度も経て、松前餃子は誕生しました。

合同会社オタータ大石 雅士さん合同会社 オタータ
大石 雅士さん
はだか麦料理を販売しているのはこんなお店

松前町を愛する松前町商工会青年部の有志らが、
松前餃子を開発、販売しています!!

松前餃子を運営する「合同会社オタータ」は、松前町商工会青年部の有志らが、町特産のはだか麦を使って町おこしをしようと、1年前に、餃子づくりを発案しスタート。2019年6月28日に、生餃子の持ち帰り専門店「松前餃子」がオープンしました。「はだか麦を使ったヘルシーなおつまみを作りたい!!メンバーと試行錯誤の末、2種類の松前餃子が誕生しました。皆さんに愛される松前のソウルフードをめざしたい!!」と語る合同会社オタータの大石雅士さん。焼くだけでアツアツの餃子が食べられる手軽さと、昨今の餃子ブームもあり、口コミでファンが急増中。飲食店機能の併設やキッチンカー販売など、これからの展開が注目されます。

のれん

エミフルMASAKIに近いから、立ち寄りやすい好立地。「一包入魂」のロゴが入った赤いタペストリーが目印。

羽根つき餃子

焼き方のレシピつきだから、パリパリ、ジューシーに羽根つき餃子が完成。自宅で餃子専門店の餃子が味わえます!!

国産原材料

国産の原材料、リーズナブルな価格、焼くだけの手軽さでアツアツを家族に提供できるから、忙しいお母さんも安心、嬉しい。